カテゴリ:サッカー( 39 )
今年もここから
1日遅れですがあけましておめでとうございます。
今年もノリオのオフィシャル並みの更新かもしれませんがよろしくお願いします。

さて、年末から忙しいのと、体調を崩してしまって30日には病院で点滴を打ってもらう状態になってました。おかげでろくに掃除も出来ない状態で人も呼べない室内ですw

恒例の初詣も取りやめたものの、体調も回復したので今日は昨年同様柏の葉に高校サッカーを見に行ってきました。カードは野洲対真岡、丸岡対初芝橋本です。八千代とかも見たかったんですが、野洲のDF田中雄大くんのロングフイードをナマで見たかったからこちらに。
自分的には田中>乾です

たぶん混むと思い早めに向かったのですがそれが正解でしたね。KO直前だと席がかなり埋まってました。
で、なにげなくゴール裏に人だかりが。
c0036804_2072890.jpg

横浜の旗とそれっぽいダンマクが。メインスタンドにもマリノスサポがちらほら。ただ、年齢層はかなり高かったですけどw

c0036804_2085877.jpg

マスコミも昨年の優勝校だけにかなりの数。

それと場内が少しざわめいたのは主審のアナウンス。。
「主審 家本政明。。」なにもここで出さなくていいだろ!とかなり感じましたよ。
c0036804_2014797.jpg

試合開始直後は真岡ペース。乾くんには真岡7番吉田くんの伊野波なみのマークがついてるし、9番の山田くんは真岡4番中山くんにつぶされまくり収まりどころがない状態。そこで、田中くん&青木くんから逆サイドへのロングフィードが効いてきました。そんななか一番目を引いたのは4番のボランチ荒堀くん。昨年はDFでしたが今年はボランチで縦横無尽に走りまくってました。真岡前線へのパスを何回もインターセプトして起点になってました。
前半はこのまま0-0で終了。注目の主審もまぁまぁの出来。
後半に入ると完全に野洲ペース。苦し紛れのファウルもも目立ってきました。そこで家本氏なんですが、あいかわらず「アドバンテージ」という言葉はしらないようです。それと明らかに野洲9番山田くんは真岡のマークにキレ気味で集中を切らしてそうでした。まぁ、体格差(身長で10cm以上違う)もあったし抱え込まれたりもあったせいもあるでしょうけど、途中でピッチに手袋投げ捨てたのは笑いましたね。しかも家本が片付けたしw
そんななか後半10分に真岡PA左サイドから乾くんのFKがきまりようやく野洲リード。
それからは野洲のよいプレーが出てきました。ヒールパスとかはないものの、DFラインから対角線の両サイドに宮沢並みな精度のよいロングフィード。モニじゃないけど「バンザーイ」って言いたくなるようなのばかりでした。
ただ、去年のFW青木くんみたいな選手がいないために収まりどころがなく、奪われてカウンターも多くてクロスバーに救われること2回もありました。
そして後半ロスタイムには真岡GKも上がってこようとしたセットプレーも
c0036804_20441744.jpg

結局このまま終了して野洲が勝ちました。
c0036804_20445855.jpg
c0036804_2045710.jpg

で、2試合目は前半で帰ってきたので画像がないです。
それと1試合目と比べてしまったらね。。
初芝の7番がやけに目立ってました。
[PR]
by tokyo-lovers | 2007-01-02 20:46 | サッカー
最大の。。
今日ヒマなもので鳥栖対緑見てたんですが、鳥栖の2点目なんだよww

南に匹敵するなw

鳥栖が緑抜いて5位になりました。
[PR]
by tokyo-lovers | 2006-09-02 23:33 | サッカー
イエメン戦
この前のトリニダードトバコ戦はどうしたの?

ZICO JAPANに戻ってたような。。

結局前が動かないからDFラインからボールが出せない>どこかでみたような

オシムが怒るのは無理もない。

パスコース作ったりスペース空けたり、マーカーつる動きしないとアレだけ引き込まれたら点取れないよ。

そのまま初召集メンバーでスタメンでよかったような。。
[PR]
by tokyo-lovers | 2006-08-16 23:38 | サッカー
グループリーグ終了
なんか見ていて虚しくなりました。

明らかにコンディションの悪い選手を使って動けてる選手を変えてしまう。

4バックに慣れていない選手がCBのスタメンとか?

有り得ない。

同じ考え方・やり方で闘ったら実力の劣ったものが敗れる。当たり前なことですね。

コレをやってしまったら自滅としか。。

ブラジル戦での玉田のゴールはすばらしかった。稲本のパス→アレックスのドリブルからのスルーパス→アレックスにボールが渡った瞬間からの玉田の動き、とやれば出来るのに。

失点の場面。
ボールウォッチャーだったり、詰めるの遅かったり。
見えてないのかな?諦めが早いかと思いましたね。3点目のジウベルトのゴールなんて近くにいた俊輔がすこしでも間合いを詰めていれば変わったはず。

これは守備への軽視なんでしょうかね?特に中盤でディフェンスできていないからすぐにDFラインが晒されるわけで。ボールをみて人を見てないからこうなるわけだし。

自分がジーコに疑問を抱いたのは選手選考だったり守備戦術がないところなところなんで。
サイドプレイヤーがいなかったり、中盤のドリブラー、守備に強いMFもいない。
ボランチに守備が強い選手いないなんてなんなんでしょうかね?
ジェラード&ランパードやリケルメの中盤で通用するのは運動量が尋常じゃなかったり、周りのサポートがあったり補うものがあるからだし。日本の場合は福西&中田だと中田がバランス崩してしまうから福西の1ボランチになってしまう。それならば福西に代わる誰か、というと人がいない。今野ならば出来たと思いますけどね。スタミナ&運動量は自分らなら今野すばらしさをわかっているし。
それとDFの人選なんて問題外でしょう。4バックに適応しない宮本使うことから間違ってるし。

いまさら感ですが、こんな代表で行って欲しかった。

GK土肥・ヨシカツ・楢崎
DF加地・中澤・モニ・中田浩二・駒野(徳永)・闘莉王・松田・アレックス
MF今野・中田・小野(長谷部)・俊輔・小笠原・福西・松井・稲本
FW巻・高原・大黒・佐藤寿人

8月にあるアジアカップ予選は「欧州組」の中田浩二・中田・俊輔・高原の替わりに上のメンバーに追加で阿部・小林大悟・中村憲剛・大久保あたりを試して欲しいですね。

日本はもう2010年への準備をしなければならないのだから。
[PR]
by tokyo-lovers | 2006-06-24 13:51 | サッカー
オーストラリア戦
やっぱ中盤の守備だよね。
行ったきりで帰ってこないボランチはいらないな。

まるでコンフェデのおさらいみたいな気が。。

それとヨシカツさん、運持ってないのかな?ワールドカップ4連敗だよ。。

モニ、おめでとう。

あそこで大黒と交代で下げられるの宮本だよな。

はっきりとしたプレーしないとああなるよ。ライン下げるだけじゃだめですよ。
[PR]
by tokyo-lovers | 2006-06-13 00:35 | サッカー
マジ?
サポティスタでみたのですが、浦和の鈴木啓太になんと!ディナモキエフから練習参加のオファーがきていたらしいです。

東京の選手じゃないというわけではなく、一サッカー選手としてそういうチャンスは逃さないで欲しいなと、思います。
ディナモキエフといえばシェフチェンコの元いたクラブ。
現在もウクライナ代表をシャフタールと2分してるかのように輩出しているクラブです。
たとえは悪いけど、今野にオファー出そうとしているカターニャとかとは違うんですよ。
その国でのビッグクラブからオファーが来ているのなら、逃す手はないと感じましたが。。
鈴木啓太のプレースタイルならどこでもできそうなんですけどね。
[PR]
by tokyo-lovers | 2006-06-05 23:14 | サッカー
Jリーグバトン
こちらのかたから回ってきました。

■Jリーグのどこのクラブのサポーターですか?
FC東京

■ライバルだと思っているJリーグのクラブはどこですか?
緑、浦和、マリノス、それと川崎。とくにマリノスとはすっきりしない対戦が多いから、誤審のない試合が見たいです。
川崎はJFL時代からの永遠のライバルと自分は思い込んでます。

■自分がサポーターしているクラブ以外で、好きな(応援している)Jのクラブはどこですか?
純粋に見て面白いのは千葉・甲府でしょうか。でも応援はしてません。

■このクラブのサポーターの応援は凄いと思うクラブは?
浦和。あの音圧は確かに。違う意味で凄いと思うのは清水。理由ですか?よくもアレだけそろうなとw

■1番大好きなJリーガーは?
東京の選手ならば、宮沢・石川・戸田・憂太ですね。
理由として、宮沢はそれまでセットプレーに期待をもてなかった東京に初めて期待を持たせた選手だから。やっぱり02年4月のナビスコ緑戦でのCKゴールは忘れられません。
石川は「東京にこんな選手いていいの?」と感じたからです。
はじめてナマで見た02年4月のナビスコ清水戦での衝撃は忘れられません。
戸田は東京の象徴だから。熊時代からの流れを受け継ぐのはこの男を置いていないです。
憂太はユース時代から見てるということもありますが、成長していく過程を見ていけるというとこもあります。
他チームなら飯尾・播戸・岡野・ヨシカツ
タイプ的にムービングタイブのFWが好きなんです。岡野は新人時代のプレーをTVで見てはまりました(自分でスルーパス)。ヨシカツはお約束ということでw


■思い出深いJリーグの試合は?
1999年ホーム最終戦駒沢での仙台戦。
現千葉の中島のミドル一発で負けた試合。
散々押し巻くりながら決定機を外しまくって(特に加賀見が。。)、試合終了後にピッチに倒れこんだ選手を見てゴール裏から「まだあるぞ」「胸をはれ」と。それを聴いて「新潟に行こう」と思い立ちました。

2000年開幕のマリノス戦。
まず「ここで試合していいのか?」と感じたこともありますが、J1相手に鋭いカウンターくりだし引けをとらなかったこともあります。キレキレのコバのドリブルや小峯の体を張ったディフェンスにワクワクしながら見てました。そして上野がアマを倒して、ツゥットがPKを決めた場面は「壊れました」。

2000年4月ホーム磐田戦
点の取り合いという展開でしたが、後半終了間際にPA内での奥のハンドでPKを得てアマがそれを決めて3-2。「負けない」という選手たちの気持ちがこちらまで伝わってきました。それと水曜開催だったのにスタンドの雰囲気は最高でした。

2001年7月アウェイ清水戦
前半先制するも、後半に追いつかれ同点。延長前半にPKを取られキッカーはアレックス。が、そこでサンドロがナイスアシストでもみ合いに。収まってPKを蹴るのはなぜか澤登。蹴ったボールは土肥ちゃんが見事弾きスーパーセーブ。延長後半すぐに由紀彦のクロスからケリーがヘッド。Vゴールとなってゴール裏は壊れまくりな人ばかり。ピッチではケリーが一目散に土肥ちゃんのもとへ。
いい気分で東名を走り足柄SA で休憩してたらコバやフジが入ってきました。そこにいたのは東京ファンばかりだったのでいきなり大拍手。選手も嬉しそうにしてたのが印象的でした。

2001年ホーム磐田戦
結果的には2-5での敗戦。が、ありえない判定で取り消されたアマのゴールや点を取られてもすぐにボールをもってセンターサークルに向かう由紀彦の姿に目頭が熱くなった試合でした。「本気」で磐田に立ち向かった姿に負けても拍手を送りました。ちなみに浄の初ゴールの試合でもあります。

2002年ホーム鹿島戦
「原東京」初陣の試合にして最高の試合。
衝撃的な展開・プレスにスタンドで見ていた自分らも「これが東京?」と夢かと思っていました。
「たられば」ですが、この次の試合で文丈が怪我しなかったらどんな順位になってたか。
時間を戻したいです。

とりあえずこの辺で。



■Jリーグの良いところは?
プロスポーツとして初めて地域性を持たせたと思います。プロ野球は最近になってやっと「地域名+企業名」になりましたが、地域性を持たせたことによって(特にJ2)地域対抗的な要素が生まれたと感じてます。


■Jリーグの悪い所と改善してほしいところは?
世界に出て行こうとしているクラブにバックアップしていると感じられない。去年のマリノスに対するチェアマンの発言は耳を疑いました。ACLであんな判定されても抗議したのか知りませんが、サポートすべきではないかと。クラブワールドカップにつながるわけなんだから考え直して欲しいと。
それと平日開催は止めて欲しい。やるならば20時キックオフとか21時キックオフとかにして欲しいですね。それと自分はほとんど見れる環境ですが、地上波でもう少し中継しないとファン層の拡大にはつながらないと感じてます。ただ、現状だと中継スタッフが明らかにサッカーを知らない&わかっていないと感じます。正直UP映像はいらないです。「引き」の映像でフォーメーションとか「裏」を狙う動きがわかるものが見たいです。


■自分が応援しているJリーグのクラブに熱い一言を!!
「気持ち」の入った試合をしてください。勝ち負けよりも。
去年の葉っぱみたいな試合は見たくないです。


■次にバトンを回す人を5人以内指名してください。
そうですね~、
ねりとびさん
ちっしーさん
ramblingさん
jam8さん
よろしくです。
[PR]
by tokyo-lovers | 2006-03-04 12:15 | サッカー
number
昨日発売のナンバー読まれた方はおわかりでしょうが、「ノンフィクション」としてアマのことが書かれてます。
広告だけ見て、サッと本屋で立ち読みしようと思ったのが間違いでしたね。
アマの人間性にますます惚れたよ。

思わず目頭が熱くなりました。

これから読もうとされる方、「けっして電車内とかで読まないでください」。
一人でじっくりと読んでみてください。あなたも私の感じたことがわかると思います。

昨年夏の同じくナンバーノンフィクションの「遺書」福田健二に匹敵するかもしれないです。
ま、比較は出来ませんが、インパクトという意味での「匹敵」です。 
[PR]
by tokyo-lovers | 2006-03-04 00:02 | サッカー
ファンタジーサッカー
今年もようやくコレが始まりました。
去年は開幕直後信じられないポイントで上位に食い込みましたが、あとはチームの不調と同時に加速しながら落下。。。
昨年後半はイースタン昇格したものの、後半が良くなくてもとのローカルに逆戻り。。
で、今年はこんな感じです。


                        ササ サルセード



           ルーカス (C)



宇留野 純                                梶山 陽平







               倉貫 一毅      伊野波 雅彦





 茂庭 照幸         林 健太郎      青山 直晃     徳永 悠平




                       土肥 洋一




サブに
内田 篤人
鈴木 規郎
阿部 吉朗
ってとこです。
[PR]
by tokyo-lovers | 2006-03-02 11:11 | サッカー
負け組。。
昨日は小平で練習試合があったようですが、ここのところの忙しさに負けてしまい、起きたら10時半くらいだったので行きたかったけど断念。
で、ウチでアメリカ対日本を見ていたのですが、「なんだ、あれ」。

わざわざビデオ撮るまでもなかったような。
アメリカの戦術はヒロミサッカーの初期・熊サッカーのラインが高いバージョンと思えばわかりやすいと思います。なのに3バックは自殺行為でしょ。
前線からのプレス、奪ったら即サイド、FWにあてたら2列目が飛び出すと。
結局3バックだと2トップに一枚ずつついて、真ん中が余ってカバーの形。
そこへ2列目がこようものならフリーでシュートまで持ってこられる。
コンディションもあるだろうが、ボランチに存在感がなかったらああなるのは目に見てますね。
奪われても追わないから余計でしょう。
で、なんとかDFで抑えてボールを展開しようにも動けない久保の1トップじゃ無理。シャドーの小野&小笠原も運動量で勝負な選手じゃない。それだと久保が孤立してボールが行かないのもあたりまえのような。
仮にシャドーにするなら1枚は寿人か本山にしないと成立しないと思います。

後半から入った、巻・長谷部・佐藤寿人がよりよく見えたのは、前半のふがいなさが原因でしょう。みんな持ち味出していたし、長谷部は初出場とは思えないくらい視野の広いプレーでリズムを作っていたと思います。

それと、両サイド。。
特に左。。
ほかにおらんのか。

服部公太とかJoeとか。。。

小平で徳永の爆走機関車ぶり見てたほうが楽しかったな。
[PR]
by tokyo-lovers | 2006-02-12 23:43 | サッカー